ローランドの歯は自前じゃない!?治療費や手術について深堀り!

ローランドの真っ白な歯は、実は自前じゃない!?

 

世間を賑わせている【現代ホスト界の帝王】ローランドさん。

その美しい顔や名言の多さからたくさんの人気を得ていますが、実はローランドさんは自分の歯を全て抜いてしまっているそうなんです。

その理由にはローランドさんらしいホストという仕事への考え方とストイックさがありました。

 

ローランドさんが歯を全て抜いた理由や、インプラントが何なのかを調べあげました!

 

スポンサーリンク

ローランドの歯は何でできているの?

 

真っ白なローランドさんの歯!

確かによく見るとものすごい白いですよね。ここまで白くするのはホワイトニングでは少し無理があります。

ローランドさんの歯なのですが、元々生えていた自分の歯をすべて抜歯してインプラントにしているそうです。

 

自分のは歯を全て抜歯するなんて結構勇気のいることですが、何故ローランドさんはインプラントにしたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

何故ローランドは自分の歯を全て抜いてしまったの?

ローランドさんが歯を全てインプラントに変えた理由

それについて、ローランドさん本人がテレビで話していました!

 

「見えないおしゃれ。勝負下着みたいな感じ。高いお金をお客様が払ってるわけじゃないですか。歯をキレイにしていいおもてなしをするのがホストとして必須業務」

 

お客さんへのもてなしの一環として歯をキレイにするため。

それだけのために自分の歯を全てインプラントに変えてしまうとはΣ(゚д゚lll)

ホストという『美』が重要な仕事をしていたローランドさんの美しさを追求するストイックさが伝わりますね!

 

ストイックといえば、ローランドさんはストイックに体を鍛え込んでいます!

タキシードを着てる姿からは想像できないような筋肉美ですのでこちらもぜひ見てみてください。

ローランドが筋肉ムキムキを目指す衝撃的な考え方とは?大暴露してみたw

 

また、自身のTwitterでは

 


(ジルコニアとはインプラントに使用される素材の一つです)

 

このようなお茶目な発言をしていました。

一つの出来事をいろんな角度で話すのもローランドさんらしいですね!

インプラントって何?と思う人が多いと思うので、インプラントについて簡単に解説していきます。

 

ローランドの歯に使われているインプラントって一体何?

 

インプラントとは、人工の材料や部品を体に入れることの総称です。

歯科では、歯を失ったあごの骨(顎骨)に体になじみやすい材料(生体材料)で作られた歯根の一部あるいは全部を埋め込み、それを土台にセラミックなどで作った人工歯を取り付けたもので、一般には人工歯根(正式には口腔インプラントあるいは歯科インプラント)、単にインプラントといいます。

 

このように顎の骨に直接土台を埋め込み、その土台の上に人口の歯を取り付けるというものです。

インプラント治療のメリットとして

残っている歯への負担がなく、自分の歯(天然歯)に近い機能や審美性の回復が可能である、などのメリットがあり、生活レベルの向上に伴い、利便性や快適性さらには審美性を求める風潮が広まる中で、それらの要望に応えられる治療と言えます。

 

とあるので、ローランドさんは審美性の回復(キレイな歯にする)のためにインプラントにした。

ということですね。

ちなみにインプラントの歯は虫歯にならないそうです(笑)

 

そんなインプラントを埋め込むためには一度綺麗に抜歯する必要があるので、自分の歯を全てインプラントにしたローランドさんは歯を全て抜歯して、その後手術をしたことになります。

想像をしただけでも痛そうで怖いですね、、、

 

しかもこちら治療費もかなり高いもので歯一本あたり30万円からが相場になっています。

ローランドさんは歯を全てインプラントにするために500万円かけたとのことです。

 

 

スポンサーリンク

ローランドの歯についてのまとめ

歯を全部抜いてでも更に美しさを追求し、お客様に喜んでもらおうという姿勢はまさに【現代ホスト界の帝王】という感じですね!

キレイな歯にするために高いお金を払い、長時間の手術に耐えたローランドさん。

顔の中でもあまり目立たない部分にここまで力を入れられるのはさすがとしか言えません。

 

これからも「美」に対して妥協しないカッコいいローランドさんを応援していきます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です